昨日は加藤姉妹とチェロの行本さんと、
三人で、村井先生のお宅に、
遊びに行かせていただきました!

先生のお宅にはチェンバロや、
ピアノフォルテ
ショパンなどが所有していた、
かの有名なエラールなどなど、
歴史的な素晴らしい楽器がいっぱい!

こちらは、モーツァルトの時代の
ピアノフォルテ。

ビックリ!なのは、ペダルが鍵盤の
下にあり、膝や太股で押すこと。

昨日は、三人でモーツァルトのピアノトリオを練習していったので、その時代の楽器で、
モーツァルトのレッスンをしていただく、
という、とても貴重な経験を
させていただきました。

モーツァルトは細かい音が多く、
粒を揃えて弾くのは、
かなり難しいのですが、
当時の楽器は打鍵が浅く、いつもの
ピアノで弾くパッセージよりも、
格段と輝いて聴こえてきましたキラキラ

目を瞑ると、ここは………

そしてそして、太股で押すペダル……
なかなかコントロール出来ず、押し忘れて
しまったり、力加減が難しかったり。
また打鍵が浅い分、普段の圧力で弾くと、
全く響かず、汚い音になってしまったり、と。

一回で演奏する事は到底無理でした………ショボーン

けれど、あの楽器で作られたと思うと、
今まで分からなかった、
[なぜ???]に、合点がいく事が多々あり、驚きと発見の連続で、
やはり、ホンモノに触れる大切さを
改めて感じることができました!

また練習をして、先生のところへ
レッスンに伺いたい!!
やる気スイッチが入った私たちですルンルン