ヴァイオリンとビオラ@港北みなも

ヴァイオリン と ビオラ


ビオラという楽器をご存知でしょうか。ヴァイオリンと一体何が違うの?と思う方も多いと思います。
オーケストラや弦合奏には欠かせない楽器なのに見た目がヴァイオリンに似ているせいでなんだか存在感が薄くなりがちなビオラ‥。でも、とても温かくて優しい音色を持っている素敵な楽器なんです。
なので今回は!そんな、温かい音色を持つ楽器。ビオラの紹介をしたいと思います!

ヴァイオリンとビオラの違い

ヴァイオリンとビオラの違いを比較しながらみていきましょう。
ヴァイオリンとビオラ。どちらも4本の弦で構成されています。
ヴァイオリンの調弦はソG・レD・ラA・ミE
ヴィオラはヴァイオリンより5度低くドC・ソG・レD・ラA
そして、5度低い音で充分な鳴りを得るために、ヴァイオリンよりもヴィオラは大きな胴体を持っています。
胴長ヴァイオリンが35cm~36cm程度、ヴィオラは39cm~42cm程度。
弓もビオラの方が重くヴァイオリンが60g程度に対しヴィオラは70g程度。
また、演奏する上で大きな違いは、楽譜の記譜方法です。
ヴァイオリンがト音記号に対しビオラはハ音記号で記譜されています。

役割としての違い


そして、なんといっても2つの楽器の大きく、そして大切な違いは、音楽の中においての役割なのではないでしょうか。
ヴァイオリンといえば、花形。ソロとしては華やかで美しい名曲の数々があり、オーケストラやアンサンブルの中でも主に主旋律となるメロディーを演奏します。いわば、”主役”となる楽器です。
一方ビオラは、ソロ楽器としてはあまりスポットを浴びる印象はありませんが、アンサンブルの中に入ると俄然合奏の音に厚みや広がりを加える事ができ、主役を支えたり、包み込んだり、寄り添ったり。まさに “名脇役”それがヴィオラならではの大きな役割・存在意義だと思います。
ビオラの音色は聴いている人はもちろん、演奏していても温かい気持ちになります。なので、たまに無性にビオラが弾きたくなるんです。

ヴァイオリニストはビオラも弾ける!


ヴァイオリンを演奏出来る人は、ハ音記号を読めればビオラも演奏することができます(もちろん本職でビオラ専門の方々と同じようにというわけではないですが‥)
私たちの学校では必ずオーケストラの中でビオラを演奏しなくてはならないのですが、ヴァイオリンとは違う役割や楽器の特性を知ることで、改めて自分の楽器と向き合うきっかけにもなりました。
自分が勉強している楽器とは違う楽器に挑戦してみたり、注目して耳を傾ける。また、それぞれの楽器の役割を考えてみるだけでも新たな発見があるかもしれません。

ビオラも体験できます!


そんな、あまり触れる機会のないビオラですが!なんと!12/3(土) 港北みなも にて、ヴァイオリンとビオラとチェロを比較して、さらに体験できるイベントが行われます♪
12/3(土)@港北みなも「弦楽器体験会」

ぜひ、お越しください♪

『ミックスナッツ』

Official髭男dism

近頃、『好きな曲ないの?』と聞くと、頻度高く聞こえてくるのが、題名の
Official髭男dismのミックスナッツ。
スパイファミリーというアニメの主題歌なんだとか。
皆さんのオススメという事なので聞いてみたのですが、これ難しい!!(笑)
何調??何回、転調してる??

変ト長調でした

ミックスナッツはGes: 、変ト長調でした(変ト長調のフラットはシミラレソドでほぼ全部!)
弾いてみたい〜という声も聞こえてきますが、これは原調で弾くのはなかなか難しいのではないかな?と思われます。
せっかくなら、そのままの調で弾けた方が良いと思うのですが、あまりに難しい場合は転調して弾きやすくアレンジしたものの方が良い時もあります。
ご自身やお子様が弾きやすい楽譜を探してみて下さい。

見つけた楽譜の左手があまりに難しい場合なども、ある程度アレンジしても良いのかな?と思います。おうちで弾いていて、少し弾きにくいな〜というところがあればご相談ください♪

ポップスとクラシックはリズムや和声など違うところがあるので、私にとっては逆に難しく感じることが多いです。レッスンでポップス音楽は基本的に取り入れていませんが、ご自身で気分転換に好きな曲を練習するのは、もちろん大賛成です!ポップスはポップス。クラシックはクラシックで切り替えて練習してみて下さいね♪

懐かしい!2018年のコンサート!

色々な繋がり

チェリストの渡辺啓子さんは過去に幼稚園協会のコンサートでもご一緒させていただきました^^♪幼稚園協会コンサート
ちなみに、渡辺啓子さんは、私の桐朋時代の同級生でもあります。

大人になってから、かな子が別のお仕事でご一緒させていただいた事がきっかけで、Katochan姉妹の演奏もお願いさせていただく事に!
こういうご縁は、とても有難いなぁと思います。

2018年

幼稚園協会のコンサートは何年前だったかな〜と遡ってみたら、4年前!
このコンサートの頃に姉妹のユニット名を決めて、ホッシーを含めキャラクターを作ったりしました。それまでは、各々で活動して時々一緒に演奏する程度だったのですが、このコンサートをきっかけに姉妹での活動が増えたような気がします。
初期の頃はペープサートを作って、慣れない人形劇をしたり身を削っていましたが(笑)最近は自分達らしく活動出来ていて、嬉しいです。
この姉妹での活動は『自分達らしく』をモットーに、今後も継続して続けて行けたら良いな、と思っています。

神奈川県の文化芸術を地域へ!の活動って?

県営住宅でのコンサート

今週末は神奈川県の県営住宅にてコンサートでした!
神奈川県が取り組む「マグカル」をご存知ですか?「マグカル」とは”マグネット・カルチャー”の略で文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出そう!という神奈川県が取り組んでいる活動です。
年齢や障がいなどにかかわらず、子どもから大人まで全ての人が、舞台芸術に参加し楽しめる「共生共創事業」の一環で、私たちも度々コンサートに参加させていただいています。

『パッサカリア』


神奈川県の色々なところで老若男女たくさんのお客様に足をお運びいただき、毎回みなさまの笑顔や温かいお声をいただいて、とても楽しく演奏させていただいています!
今回のコンサートでは大学時代の先輩とviolin & viola のデュオで演奏させていただきました!親しみやすい季節の曲から、ガッツリ!クラシックまで幅広い曲を演奏しました。
特に今回お客様から良かった!と言っていただいたのは、やはりクラシック曲^ ^
ヘンデル作曲 ハルヴォルセン編曲「パッサカリア」 でした。
ヴァイオリンとチェロで演奏されることが多いこの曲ですが、今回はヴァイオリンとビオラで演奏しました♪ヘンデルのハープシコード用に作曲されたテーマを元に、どんどんと変奏されていくのですが、本当にカッコいい曲です!弾くのはとても楽しいですが少し大変です‥笑でも、また弾きたい!皆様にも聞いていただきたい!と思う曲です。

ヘンデル作曲 ハルヴォルセン編曲「パッサカリア」
ぜひ、チェックしてみてください♪

弦楽器ってなに?触ってみよう!弦楽器体験

12月3日土曜日

2022年、Katochan姉妹ラストのイベントは『弦楽器ってなに?触ってみよう!弦楽器体験』です!

イベント内容

今回は私たちとヴァイオリニスト橋本侑里映さんとチェリストの渡辺啓子さんをお招きし、演奏と実際に皆さんにヴァイオリンやチェロを体験していただく!
というイベントです^^
当日は、沢山の弦楽器を用意しますので、皆さんにじっくり楽しんでもらう事が出来ます!

開催時間

□11:30〜□13:30〜□14:30〜 (限定20名)

少し人数に制限がありますが、普段触ることが出来ないヴァイオリン やビオラ、チェロを触っていただける珍しい機会だと思いますので、ぜひぜひ足をお運びください♪

ピアノの方も・・ぜひ!

弦楽器は非常にシンプルな構造だからこそ、音の鳴る仕組みが直に見えて音の響きや振動をダイレクトに感じることが出来る楽器です。
ピアノは構造が複雑だから分かりにくいけど・・弦を響かせて音を鳴らすことは同じ。実際に音の鳴り方を肌で感じてもらえたら良いなぁ、と思います。

あとは、ピアノでは出来ない音の中でクレッシェンドする感覚を知って欲しい!!という野望もあります。これは口で説明するよりも、体験に勝ることなしだと思うので、ぜひ、かな子先生に『音の中でクレッシェンドする感覚を教えて下さい』とお伝えいただき、演奏してみて下さい♪

その感覚は、必ずピアノの演奏に役立つと思います。


クリスマスの押し花

祖母のところへ

今日は、祖母の住んでいる老人ホームに行ってきました!歩いて行ける場所なのですが、コロナの影響もあり月2回くらいしか会えません。
今年の目標の1つの祖母の作った押し花の個展を開いてあげたい!という気持ちがあったのですが、叶わず。祖母の記憶も日に日に曖昧になるので、きっと個展は開けないだろうなぁ・・というのが、本音です。

という事で、少しでも人の目に触れるように、玄関や部屋の前に押し花を飾っています!

玄関はリース

沢山の押し花の中から季節に合わせて選んでいます!部屋の前にもクリスマスの押し花を飾っているので、ぜひ見てあげて下さいね♪

母はエッグアート、祖母は押し花やパッチワークなど・・手芸の趣味があり、かな子も工作が得意なのに、私は本当にイマイチです(笑)もう不器用キャラが定着しているので努力をやめている節もあるのですが。。

ピアノの蓋を使った練習

ピアノの蓋を使う

鍵盤で音を出すと、どうしても音を出す事に夢中になってしまうので、
蓋を閉じて・蓋の上で指を動かす練習をよくしてもらいます。
蓋の上で練習するのは、我が恩師・阿部美果子先生の行っていました。

音が潰れる時

演奏していて、音が出ていなかったり粒が揃っていない時は『蓋』練習!

大抵の場合は指が動いていなかったり、聞こえない音だけタッチ音が弱かったりします。蓋も反響板になっているので叩くと『トントン』と綺麗な音が鳴ります。その打鍵音を参考にして、弱い指や音を探して練習してみて下さい♪

向こう側に写っている手も参考になりますね!

第一関節

最近は第一関節強化のために、こんな風にして関節を意識する練習もしています。『第一関節だよ〜』と口で言っても意識するのは難しいので、実力行使です(笑)

□正しい形にして第一関節を押す、それだけ

力を入れると指が潰れてしまうし、弱すぎると関節がペコペコしちゃう。丁度良い力加減でないとバランスがとりにくいです。これは蓋じゃなくても出来るので隙間時間に、どうぞ!

指の血行促進

寒くなってきました

指先が冷えて思うように指が動かずピアノが弾けない!!という季節が近づいてきました・・
手袋をして、カイロとホットドリンクを持って・・というのが、冬の定番スタイルですが、表面だけではなく・指の中から温める方法があります!

これは冬の必需品を持っていなくても!夏場に緊張のあまり指が冷えても大丈夫!ぜひ実践してみてください♪

やり方

①指先をちょっと強めにぎゅっと摘みます

②そのまま指をグルグル回す
指の付け根の方まで、回すことを意識してください。

そうすると指がポカポカするだけではなく、血行が良くなるので指の動きもなめらかになり、オススメです。私は寒い時だけでなく、ピアノの弾き始めに血行が悪いな〜と思う時もやります。(もちろんハノンや音階もやります)

注意点

小2男子に伝授したところ、ちょっと慌てる程にグルグル回していたので・・
それは危険なのでNG!

風邪の気配

憂鬱なコロナ

ここのところ毎日、風邪の便りが・・またまた例のアレが流行ってきているようで憂鬱ですね。今のところ私はまだ元気ですが、今年も無事に乗り切れるように、レッスン室にもエアドッグを導入しようか検討中・・
一先ず、空気の入れ替えと除菌をしっかりして適度な距離を保ち、コロナ対策を徹底していきたいと思います。振替対応いたしますので、体調に不安がある方はお知らせをお願い致します。

2023/11/8

今回は皆既月食と同時に月の後ろに天王星が入る天王星食も見られ、東京近辺から西にかけては月が地球の影に完全に覆われる「皆既食」中に惑星食が見られるという日本では442年ぶりの天体ショーとなりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221108/k10013884641000.html

皆既月食、綺麗でしたね!天王星の事は全く知らずに見に行ったのですが(ダメじゃん!)

皆既月食は、月が地球の影に徐々に覆われていき、太陽と地球と月が一直線に並び、月全体が地球の影に完全に覆われます。

完全に覆われた状態を「皆既食」と呼び、太陽光の一部の赤い光が月を照らし、赤黒い色に見えるのが特徴です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221108/k10013884641000.html

確かに赤かった!!!赤く見えるなぁ・とは思っていました(笑)

こういうのは、やっぱり事前に学んでから見にいくべきだったと後悔。楽しむためには予習が大事ですね・・

ハロウィンからクリスマスへ

心ばかりのハロウィン

ハロウィンは心ばかり玄関だけ、カボチャを飾りました。お馴染みエッグアートですが、ちょっと縦型で面白いカボチャ・・・(笑)
卵の殻でカボチャを作るのは、形的にちょっと難しいですよね。皆さんは、仮装など楽しまれましたか?英語とか習ってるとハロウィンパーティーとかあるのかなぁ。

後ろにあるのは、先輩に連れて行ってもらって生まれて初めて体験したアフタヌーンティーで貰ったクマ。ハロウィンのグッズがなさ過ぎて毎年代わり映えなし。

早速クリスマスの匂い

街中もハロウィンから、あっという間にクリスマスになったので、我が家も玄関を少しクリスマス使用にしました。エッグアートはクリスマスデザインのものが多いので、毎年何を出すか厳選・・まだ11月なので、シンプルにしました。
少し重労働ですが、皆さんがとても喜んでくれるので大きなクリスマスツリーも、近々出そうと思います。