『立春』を迎えましたね!
四柱推命が好きなので、1月1日と共に、2月3日はワクワクしています。
今年は“辛丑”。
どんな一年になるのか・・不安半分・楽しみ半分ですね。

今年の『レッスンルームシャンテ』目標として・


『メモをとる事』を習慣づけよう!

を掲げていきたい、と思います。
小さい生徒さんには難しいので、高学年とか・中学生とか、一定の年齢以上の生徒さんに限定されてしまうのですが・・。

大曲になればなる程、譜読みも演奏も難しいし、
音の間違いや、スラー・スタッカート等アーティキレーションの漏れがある事は、仕方ない事だと思うのです。
最近は、バッハのインベンションなど複雑な曲を演奏される方が増えているので、
大変っていうのは納得!譜読み、正直しんどいです。
なので、間違いはモチロンOK!一緒に直しましょう!

ここまでは良いのです。なのですが・・
翌週になっても、レッスンで直した内容が修正されていない事が、、あります( ;∀;)
それは、NG!あまりよろしくないですね〜。
何故かって・間違ったまま練習するのはもったいないし、そのミスのまま覚えてしまったら、直すのに更に労力と時間がかかるから。
間違ったまま練習するのは、百害あって一理なしですね・・(トホホ)

きちんと間違いがどこか、どういう間違いをしているか自分自身で把握しきれていない事が問題なのかなぁ・・と思うので、
自分で書き込んだり書き出したりする事で改めて意識する事が大切なように思います。
もちろん、どのように直すのか・練習すると簡単か・必要であれば和声についても、きちんと説明をします。指遣いもそれぞれによって最適が違うので、一緒に考えます。まずはその場でシッカリ解決をしましょう!

それを、ささっと分かりやすくメモをする事で、どこの場所を注意されているか改めて認識する事ができるし・噛み砕いて理解する事が出来るのではないかな・・と思うのです。。どうでしょうか・・?
今年一年、一緒にトライしてみましょう!

色分けしたり・可愛い付箋をつけたり・その都度、新しい楽譜のコピーを持ってくる事も良いと思います!
ぜひ色々工夫をしていただいて、ご自宅で復習する際に役立ててください♪