歴史博物館

センター北駅から徒歩5分。みなもの裏手にあります。
近隣の小学校は遠足で行くので、皆さんにとっても慣れ親しんだ場所かと思います。

歴史博物館・企画展に行ってきました

ご招待いただき、9月25日までの企画展『みんなでつなげる鉄道150年』に行ってきました。

2022年は、新橋と横浜の間を結ぶ鉄道が開業してから150周年の節目の年にあたります。明治5年5月3日(1872年6月8日)品川・横浜間で鉄道が仮開業し、同年9月12日(1872年10月14日)には新橋・横浜間の全線が開業し、現在も10月14日は鉄道の日となっています。

この節目の年にふさわしい横浜市ふるさと歴史財団の取組として、横浜にかかわる鉄道会社10社の歩みを展覧会や多くの関連事業を通じて紹介し、各社の鉄道利用者はもとより、鉄道愛好家や広く横浜市民に対し、ふるさと横浜の発展を屋台骨となって支えてきた鉄道の歴史の奥深さや新たな発見を伝え、横浜や鉄道に対する愛着を深めることを目的に実施します。

https://www.welcome.city.yokohama.jp/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw9780

横浜にかかわる鉄道10社。やっぱり気になるのは、東急線や市営地下鉄など普段利用している鉄道の歴史ですよね。知らない事が多く夢中になって展示を読んでしまいます。駅設計のコンセプトなど読み物が多いので、大人もしっかり楽しめる企画展だなと感じました!
残すところ2日間の企画展なので、シルバーウィークにお時間がある方は是非!
(一番のビックリは、かな子の誕生日が鉄道の日だったという事!『かな子の誕生日じゃん!』と言ったら、当人は既知の事実だったようです(笑)

やっぱり気になる崎陽軒

駅弁特集として、崎陽軒の歴史も。過去には崎陽軒から『サンドウヰチ』弁当も販売されていたとか。唯一撮った写真が初期のヒョウちゃんの醤油差し。初期のヒョウちゃんはちょっとシュールな顔立ちでした。