歌う事でイメージを膨らませよう!


レッスンの中で『歌う』事をとても大切にしています。歌を上手に歌う事も大切ですが、どちらかというとフレーズ感や呼吸を意識してほしいから、歌ってもらうようにしています。
ちなみに『歌うように音楽を奏でてほしい』というのがレッスンルームシャンテを命名した由来の1つでもあります。
歌う時は、みんな1つの呼吸やフレーズで歌うのに、ピアノで演奏するとたちまちタテ弾きになってしまうことも…!

一呼吸で歌う練習をすると、効果テキメンです

イメージや意識の持って行き方だけで演奏が変わる事も多いので、ぜひお家で沢山歌ってください。ソルフェージュじゃないので、音程がピッタリハマらなくてもOK。むしろ、気持ちよく歌えることが大切です♪