今日は、C兄弟・S姉妹・E姉妹の連弾レッスンをしました!

未だ、本番形態の最終決定ができずにいる、2月末の『弾き合い会』ですが、
参加者の皆さんのレッスンは着々と進んでいます。
前回の発表会ではホールから『連弾は同一家族のみ』とガイドラインを作られていたため、今回の弾き合い会も、連弾禁止になる可能性も考えて、連弾はご家族のみ。
お母さま・お父さまとの連弾はモチロン、ご兄弟でも連弾にチャレンジしています。

兄弟でのアンサンブルはどうしても、お姉ちゃん・お兄ちゃんが下のパート・即ち伴奏になってしまう事が多いので、お姉ちゃん・お兄ちゃんにもスポットが当たるように、伴奏部分にメロディーを加えるなど・少し編曲をして楽譜をお渡ししています♪(無料のサイトですが、『ミューズスコア』おすすめです!

同じようなシルエットの2人が並んで弾いているだけで、ただただ可愛いのですが・・(笑)
二人で『せーの!』と息を合わせている姿や、
相談したり、注意し合っている姿を見ると、なんだか、とっても癒されます♪
C兄弟は、年中さんのお兄ちゃんが未就学の弟くんのレッスンをしているそう!
教える事で、自分の考えや知識が整理される事もあるので、そのようなチャンスがあるって、とっても良いですね!


妹弟ちゃんは教えられる一方になってしまう&一人っ子ちゃんは、
お父さんにレッスンをしてあげる・というのは如何でしょうか?

別の生徒さんで、ピアノ初心者のお父さんにピアノのレッスンをしている・というお話を聞きました!
お父さま・お時間があれば、ぜひお子さまにレッスンを受けて見ては如何でしょうか??
そして、ゆくゆくはお父さんの伴奏をお子さまがする連弾なんて・・、素敵!

加藤家も、私とのピアノ連弾は母が伴奏を。
妹のヴァイオリンの伴奏は、私がしていました。
母と、ディズニーやサザンオールスターズ『いとしのエリー』を弾いたのは、良い思い出です (←いとしのエリーは誰の選曲だろう?笑)
そして、ヴァイオリンの森川ちひろ先生に『メリーさんの羊』から始まり・
ザイツやリーディングのコンチェルトも伴奏レッスンをしていただいていました。今思うと、凄まじいほどに貴重な経験!!